« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

子ヤギ2ヶ月

子ヤギたちも、そろそろ生後2ヶ月。だいぶ草を食べるようになりました。

Imgp1998

下のつなぎ方は、本当はNG。

すぐ2頭で絡まりあってしまい、場合によっては片方の身体をロープが締め付けて、しんでしまうこともあります。飼いヤギで一番多い事故です。

実際今回のヤギもお姉ちゃんのほうが、前足がぐるぐる巻きになり、まったく身動きできない状態で助けられました。

Imgp2001

寂しそうですが、離して飼うのが正解。

Imgp2013

あたいは、関係ないけんね・・・・

Imgp2012

飯綱山麓 逆谷地(さかさやち)湿原

長野県環境保全研究所主催の自然ふれあい講座に参加しました。
今回は飯綱高原の「逆谷地湿原」について

講師は、研究員の富樫さんです。
Imgp1962

逆谷地湿原は、面積4ha程度の小さな湿原ですが、歴史は極端に古く10万年を越えています。
有名な尾瀬湿原が9千年、八島が原湿原が1万2千年であることに比べて、その年齢が判ると思います。
Imgp1965

ゴルフ場を拡張するために、ボーリング調査をしたところ、この事実がわかったのだそうです。(当然ゴルフ場の拡張工事は中止)
Imgp1967

こんな身近に、世界的にも珍しいくらい古い歴史をもった湿原があることに、驚きです。

ついにお縄に

いたずらが、日を追って激しくなり、壊されるものも多くなってきました。
隣家に迷惑をかけるのも時間の問題。

ついにお縄を頂戴する日がやってきました。
Imgp1870s

状況がわかっていないため、猛ダッシュして振り切れると思ったらしく、なんども紐に引っ張られて、もんどりうって転んで鳴いていました。
かわいそうですが、仕方がありません。

一日悲鳴に近い泣き声をあげていました。
夕方小屋に戻した時には、一目散に母ヤギにダッシュして、頭突されていました。
それでもお乳をもらって一安心。
夜はすっかり静かになりました。

慣れるまで2、3日。
切ないけど、人に飼われている家畜の宿命。

Imgp1916s

あんなにまとわりついていたのが、すねています。

すっかり嫌われてしまいました。

(6月7日写真追加)

そろそろ首輪

うちの子ヤギたちも、そろそろ40日を迎えます。
だいぶ草も食べるようになってきました。
そろそろ放し飼いも限界で、かわいそうですが、つなぐ日も近くなってきています。

今日から首輪に慣れてもらうことにしました。
姉妹でおそろいの首輪です。
Imgp1808s

ネグレクト気味の母ヤギなのですが、反芻をしている時は割りと機嫌がよいときです。
その瞬間を狙って、子ヤギたちはおっぱいにダッシュします。
短い尻尾を左右に振りながら飲むのが、とてもかわいいです。
Imgp1800s

まったり

今日の午前中、雨の予報が曇り。
我が家の動物(+たむろする動物)は、まったり中

玄関横の薪置き場を占拠中

Imgp1783s

公道を占拠中

Imgp1795s

庭を自分の好きに改造するために、占拠中

Imgp1799s

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »